2008年07月10日

タスポ、全都道府県で実施。

未成年者の喫煙防止を目的にした成人識別ICカード「taspo(タスポ)」の運用が1日、首都圏1都7県と沖縄県で始まり、全都道府県での実施となった。自動販売機でたばこを買う際はタスポが必要になる。

東京都港区新橋のタバコ店では、タスポカードの読み取り装置が付いた自動販売機が稼動したが、カードを持っていない男性客が、自販機におカネを入れても買えず戸惑う姿もみられた。近くの別の店の店主(62)は「カードを持っていない人が手渡しで買うケースが増えるのではないか」と話していた。

タスポは今年3月、宮崎と鹿児島の2県で始まり、順次全国に拡大。ただカード申請に顔写真や身分証明書が必要となるなど手間がかかり、全国普及率は約25%にとどまっている。

・・・いちいち郵便で手続きをしなくちゃいけないのが面倒なんですよね。「タスポ発行コーナー」とかを駅とかショッピングモールとかに臨時で作って、その場で写真撮影、即日発行出来るようにすればいいのに。顔で成人識別をするシステムが今普及しつつありますから、コストダウンが進んで自動販売機にどんどん内臓されるとタスポは消え行く運命でしょうね。ま、どうせ農水省とか警察庁の天下り団体なんでしょうし、それでもいいんだけど。
posted by t at 17:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。